多摩丘陵鉄道バナー 多摩丘陵鉄道 tamatetsu.com


多摩丘陵鉄道集合式レイアウト規格(川越鉄道より転載)


集合式レイアウト多摩丘陵鉄道は1983年5月に規格を定めてモジュールの製作を開始しました。1989年には日野鉄道模型クラブがクラブ結成10周年記念行事にこの規格を採用して、日野規格と称しています。

図(1)直線モジュール基準寸法  台枠の基準は900×300mm
多摩丘陵鉄道モジュール規格

図(2)M6の蝶ナットでモジュールを連結するため、中央に7mmの穴を開ける。
多摩丘陵鉄道モジュール規格

図(3)コーナーは台枠の両端から100mmの直線を入れる。
多摩丘陵鉄道モジュール規格

図(4)接続線路は長さ64mmのカトーの組線路でしたが生産中止になり、現在はカトーのフレキシブル線路を64mmにカットして使用している

多摩丘陵鉄道モジュール規格


HOME